Total Beauty Room LUNARIA
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お肌とこころと天然石

お肌を美しく、こころを豊かに~女性にとって身近なスキンケアとアクセサリーで「明日が楽しみ♪」な毎日を送りましょう

敏感肌とこころの関係

美容 トータルケア

敏感肌とは、どんなお肌なのでしょう?

 

敏感肌とは、外部から(物理的、精神的)な刺激を受けると

 

「ヒリヒリ」したり「赤み」や「かゆみ」などの反応が

 

過剰に起こるお肌のことです。

 

 

ほとんどの場合、「表皮」の一番上にある「角層」のバリア機能が壊れたために

 

内部まで刺激物質が入り込むことにより引き起こされます。

 

 

表皮の構造と役割を知っていますか?

 

わたしたちの皮膚は1枚の膜ではなく

 

「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層構造になっています。

 

 

表皮の主な働きは「保護」

 

肌から入る刺激をブロックしたり、その情報を神経に伝え

ています。

 

また、体内の水分の蒸発を防いでいます。

 

 

皮膚のどの細胞も生まれ変わっていますが、

 

いわゆる「お肌が生まれ変わるところ」というキャッチコピーが指すのは表皮の部分で、

 

厚さは約0.2mm。

 

しかも、その表面のバリア機能を司る「角層」はわずか0.02mmしかありません。

 

 

これが、お手入れの際の力加減は「やさしくしましょう」といわれるゆえんです。

 

 

お肌のうるおいは内側から。。。

 

お肌のうるおいが不足すると「角層」がはがれやすくなるため、

 

水や異物が肌内部ま入り込んでしまい、敏感肌の原因となります。

 

 

だったらうるおい補給すればいいの?

 

と、思って化粧水をバシャバシャつける。。。

 

そういうお手入れをしがちですが、

 

そもそもお肌のうるおいは

 

肌みずから「保湿物質」を作り出し、表皮に水分を蓄えることにより生まれます。

 

 

なので「保湿物質」が十分であれば、冬場でも、洗顔後でもお肌は乾燥しません。

 

赤ちゃんのお肌が乾燥しないのは十分に「保湿物質」が作られているからです。

 

 

うるおい力低下の原因は加齢だけではない

 

「保湿物質」を作り出す力が低下する一番の原因は「加齢」と言われていますが、

 

ストレスが原因の場合もあります。

 

 

20代や30代の乾燥肌、敏感肌のかたの多くは

 

むしろ、ストレスからくるものが多いでしょう。

 

 

そういうお客さまをみているとほとんどの方が「呼吸が浅い」状態です。

 

 

肉体的には「呼吸が浅い」ことで

 

横隔膜の動きが少ない⇒腸の動きも鈍い⇒免疫力低下、自律神経のバランス不良

 

があげられますし、

 

精神的、感情面では、

 

落ち着かない、不安、寂しさ、悲しみ、怒り。。。などが見られます。

 

 

お肌とこころの関係

 

お肌はこころ状態と密接に関わっています。

 

昔から言いますよね。

 

「恋をするとお肌がツヤツヤになる」と。

 

 

恋に限らず、さまざまな感情を抱くと

 

ホルモンを分泌する内分泌腺が影響を受けます。

 

その結果、ホルモンバランスが変わり、

 

お肌に変化が生じてくるのです。

 

 

恋のようにいい変化もありますが、

 

逆に心身ともに不調になる場合もありますから

 

なんらかのお肌のトラブルに見舞われた場合、

 

目に見える症状への対策だけではなく

 

こころのトリートメントも必要ですね。

 

 

敏感肌のこころ

 

カウンセリングをしていると

 

敏感肌は「じぶんのことを理解してほしい」

 

というこころの叫びのように感じます。

 

 

本当のじぶんが出せていなかったり、

 

誤解されていると感じていたり、

 

攻撃されていると思い込んでいる状態が引き起こしたお肌のトラブルだと思うのです。

 

 

一般的には、

 

スキンケアの際の力加減が強すぎて角層がはがれると敏感肌になると言われています。

 

これも深層心理では理解してもらえないことに対しての苛立ちから

 

知らず知らずのうちに強めのタッチになってしまうからではないでしょうか・・・。

coubic.com

 

 

 Total Beauty Room LUNARIA

http://total-beauty-partner.jimdo.com