おうちサロン・LUNARIA

肌相談・美肌プロデュース

キレイと自信をサポート

クービック予約システムから予約する 友だち追加

思い込みは過去の経験から


現在、わたしはパワーストーンのお仕事以外には、

メナードフェイシャルサロンのエステセラピストとしてエステの施術をしながら、

お客さまにスキンケアのアドバイスや提案をしたり、

マネージャーとしてメナードレディさんを募って育成するお仕事をしています。



メナードレディさんにお誘いする場合、

他のマネージャーさんたちはどういう勧誘をされているかはわかりませんが、

わたしが意識していることのひとつが、

スキンケアを通じてじぶん自身と向き合うことができ、人にもお伝えしていけるかどうか・・・です。



お肌の悩みは、表面的なものだけではありません。

お肌はこころとからだと深く結びついています。

そういうことを理解してわたしと一緒に活動してくださる方を募っています。



美容に関わる人、といえばすぐに思い浮かべるのが

デパートなどの美容部員と、エステサロンのエステティシャンでしょうか・・・。


誤解を恐れずに正直に言うと、

あまり、イメージがよくないのではないでしょうか?


実際、わたしも過去に、

こちらの悩みもろくに聴かずに新商品を売ろうとする美容部員や、

お試しエステの後、職場にまで勧誘の電話をしてくるエステティシャン、

などに当たったことがあります。


すべての関係者がそうではないのですが、

売り込むことに意識が向いているかたが多いような気がします。



先日、メナードレディにお誘いしたかたから、

「お化粧品や美容をお仕事にするまでの興味はありません」

と、お断りされたとき、

そのかたが云々ではなく、ふとこんな思いが浮かんだのです。


「世間一般の人から見て美容のお仕事のイメージってどんなものだろう?」

と。



イメージというのは、思い込みとも言えます。

思い込みは過去の経験から得られたものです。



余談ですが、わたしは高校のとき、物理と化学が苦手でした。

それは単純にどちらの授業もわたしにとって先生の教え方が魅力的ではなかったから。

そのイメージが苦手意識にすり替わっていました。

大学に入って環境が変わり、わたしは有機化学をほぼ毎日を学ぶことになりましたし、

最近になって相対性理論量子力学を面白いとも思っています。



美容に携わるお仕事に関しても同じようなことがあるのだろうな・・・


そんなことを感じて、今、一緒に活動しているレディさんとシェアしあいました。



わたしたちが、目指すところは・・・

スキンケアを通じて
こころもからだも健康的に美しくなって
自信溢れる女性を増やすこと!

です。

























クービック予約システムから予約する 友だち追加