おうちサロン・LUNARIA

肌相談・美肌プロデュース

キレイと自信をサポート

クービック予約システムから予約する 友だち追加

母親像

ほとんどの人が母親の影響を受けていると言ってもよいのではないでしょうか。

産まれてきて一番に抱きしめてくれるのは母親ですし
赤ちゃん〜幼児期Iの起きている時間の大半は母親と共に過ごしますものね。




わたしの母はどちらかというと、お嬢様気質が抜けきらなかった人だったので
わたしが物心ついた頃からずっといろいろな習い事に励んでいましたDASH!

お茶
活け花
レース編み
洋裁
アートフラワー
パッチワーク
天文学
バドミントン
登山
などなど…

どれも趣味レベル止まりなのがもったいない気もしますが
そして、やめるときの理由をあれこれ話しておりました叫び

「金銭的にメリットがない」
とか
「時間がもったいない」
とか
「師事している先生と折り合いが悪くなった」
とか…。

やめるときの理由なんて自分を納得させるための方便なのですけどね。

そういう性質の人ですから、どうしても母親らしい(こういう言い方はあまり好きではありませんが)強さには程遠い人です汗

まぁ…おかげさまで(?)
母に相談するとかアドバイスしてもらう、悩みを打ち明ける
というシチュエーションは今まで生きてきたなかではほとんどなく
何でも自分で決めて自分で行動する癖が身に付いてしまいました。

でも、不思議なことに
わたしの周りには実の母以上に母親のような存在の人が何人かいてくれて
いつも力になっていただいているのですラブラブ

ありがたいことですよね合格

義理の母も、さっぱりした性格のとっても頼りになる存在で
わたしにとって「ザ、母親」って感じです(笑)

わたし自身は母親になる選択をしなかったのですが
これも、母親の影響があるのかもね?
と、先日、似たような母親を持つ友人と話したところです。

母親との対峙…
これがわたしと友人が今世で学び成長する目的のひとつなのかもしれません。




人気ブログランキングへペタしてね

クービック予約システムから予約する 友だち追加