おうちサロン・LUNARIA

肌相談・美肌プロデュース

お肌とこころの両面から美肌をプロデュース

自己認識

わたしたちは自分をどういう風に認識しているでしょうか?

人は自分を理解するときに2つの視点を用います。
ひとつは。。。
前のブログにも書きましたが「自分とはこういう人間だ」という自己イメージ
これは主に性格や能力、容姿について知覚しやすい傾向があります。

そして、もうひとつは。。。
他者が自分を評価したものを基準として得られたソーシャルセルフ

人は自分自身のことを他者と比較することで認識するという性質があります。
それは集団の中で適応し生き抜くために獲得した習性ともいえます。
自分を理解することにより自分が所属する集団により深く適応することができるからです。

また、人は「優れた存在でありたい」と思う欲求=自己高揚動機というものを持っているため
他者からの評価が自分自身を知覚するものさしになっています。

自己高揚動機が強すぎると虚勢を張ったり八方美人になったりしますが
そもそもは誰もが持つ欲求のひとつなのだと理解すると
そういう人と対峙したときにこちらの心が乱されることも少なくなるかもしれませんね。

自己評価の心理学―なぜあの人は自分に自信があるのか/クリストフ アンドレ
¥2,376
Amazon.co.jp
ペタしてね