おうちサロン・LUNARIA

肌相談・美肌プロデュース

キレイと自信をサポート

クービック予約システムから予約する 友だち追加

感情

わたしたちの感情…

その感情を司っているのは
大脳下部の大脳辺縁系と呼ばれている部分です。
その中の視床下部、脳下垂体は
ホルモン分泌や体温調節
自律神経系のコントロールする部分です。

ネガティブな感情を抱くと
身体はアンバランスな状態になり
ホメオスタシス(恒常性や自己制御力)が乱れることは
この脳の仕組みによるものだと言われています。


わたしたちが感情を持つと
脳から神経化学物質ニューロペプチドが作られますが
身体の中にはこの物質の受容体があり
免疫システムの細胞は受容体のひとつですから
ニューロペプチドに刺激され免疫力を上げ下げします。

免疫力も感情次第…ですねあせる

もちろん、内臓にもニューロペプチドの受容体は存在していますから
感情がさまざまな臓器にも影響を及ぼすことは容易に想像がつきます。


そうはいってもいつもポジティブでいられないものガーン
ポジティブ状態を維持しようと必死になることはエネルギーが要るものですあせる

だから…
ポジティブを目指すのではなく
こころ穏やかに過ごすことに焦点を定めたほうが健やかに過ごせると思います。

セラピーやマッサージを受けることの良さは
そういうところにあるのでしょうニコニコ


アロマでも、音楽でも…
どんなものでもいいので
こころ穏やかになれるものをたくさん持っている人のほうが
健康に生きることができると思います音譜



Android携帯からの投稿

クービック予約システムから予約する 友だち追加