おうちサロン・LUNARIA
クービック予約システムから予約する 友だち追加

傷み

肩こり、首こり、腰の傷み…

ふだん、よく聞く身体の症状ですよね?

原因として姿勢の悪さやクセが指摘されることが多いのですが
わたしが日々お客様と接していて
どちらかといえば「こころ」が引き金になっていることのほうが多い気がします…。

例えば、背中が丸まって姿勢の悪さからくる背中の傷みの場合、
何故、背中が丸まってしまうのでしょう?
「不安」「寂しさ」「哀しみ」
人はそういった感情を抱いている時に背筋を伸ばすことはなかなか出来ないものです。



昨日、ボディトリートメントを受けられたお客様。
背中に触れていると第3、第4チャクラに違和感を感じましたので
施術しながらお客様に深呼吸をうながして
まずは黄色の光をいっぱいに吸い込んでおへその上あたり(太陽神経叢)に注ぎ込むイメージを持っていただきました。

それから次に胸のあたりにローズクォーツの色をイメージした光でいっぱいに満たすようにしていただきました。

そして、わたしは柔らかく背中をほぐしていきました。
この時、決して傷みを伴うような圧は加えません。

よく、痛いのが気持ちいいと言われるかたがいらっしゃいますが
実は「傷み」は生物の防御反応。
危険から身を守り逃げるために感じる感覚であって
「癒し」とは真逆の生体反応です。

力任せのマッサージは筋繊維や毛細血管を傷つけ
さらにそれが治る段階でより強固なコリを作り出し、むしろ逆効果叫び
慢性化したコリはこういう仕組みから生まれますあせる



で、約30分のボディトリートメントを終えたお客様。
背中、腰のコリに伴う傷みは
すーっと消えていました。

お客様自身がご自分でチャクラを整えることが出来たのですねっニコニコ

色や光をイメージして取り入れることは
かなりパワフルに働きかけるのだと
改めて実感した出来事でしたビックリマーク





Android携帯からの投稿

クービック予約システムから予約する 友だち追加